CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    風立ちぬ
    0
      観てきました。宮崎駿監督の『風立ちぬ』

      僕が感じたのは、夢と愛。

      20年ごとに区切られる明と暗に四季を感じるような日本社会の時代背景で考察すると、現代社会は秋。
      2020年代からは更なる暗闇が待っていると僕は痛感していますが、その日本が暗闇となった1920年代から1940年代がこの映画のストーリー展開で、関東大震災から戦争に繋がっていったこの時代は正に冬だと僕は捉えています。

      そんな暗闇の時代でも夢と愛だけは必ず自我に刻み込んでおきなさいと言われている?自分に言い聞かせている?ような、そんな感情になりました。
      これは生きる上で本当に大切なことだと思っています。

      あともう一つ。
      イタリアの飛行機制作者が主人公に言った
      『創造的人生の持ち時間は10年だ』
      この言葉が印象的でした。


      久石譲氏による音楽も流石に秀逸で、モノラル録音による楽曲が使用されています。
      サントラのパッケージもレコード風味漂う作りのCD。


      しかしこの映画、子供向けではないなw


      風立ちぬ サウンドトラック

      新品価格
      ¥2,660から
      (2013/8/2 10:50時点)


      | 芸術 | 10:51 | comments(0) | - |
      幻年時代
      0
        先週日曜にゲットした坂口恭平氏著書『幻年時代』ですが、仕事が溜まっていたため、今だじっくりと本を読む体勢がとれていないのですが、、そんな中、昨日のDOMMUNEでは出版記念としてトークイベントが開催されていたので視聴。

        ご本人は何回目かの鬱ということで電話のみの出演でしたが、電話の声は本当に元気がなく、本当に危うい感じでした。
        僕はその時点ですでに感情移入してしまっていたのですが、ゲスト出演されていた朝吹真理子氏の朗読で少し涙。

        内容はというと、躁の坂口恭平氏が鬱の自分自身へ書いた手紙を朝吹真理子氏が朗読というもの。

        僕自身、自分のことや映画などを鑑賞してもほとんど涙は出ないのですが、この感情移入によって涙が出てしまうことが徳島へ移住してから何度かあります。

        その理由はわかりませんが、一つ共通していたことは『やるせない』という思いがありました。
        ある意味『こんな世の中だから』的な感じです。
        不条理と言いますか、そんな感じの意味合いです。


        まぁ僕の涙の理由なんかはさておき、昨日のDOMMUNEを視聴して、あーーー早く読みたいなーーー!という欲求を持ちつつ、日々、新着レコードを出さなければならない訳ですが、、僕にとってはこの本を読むことも一つの楽しみですし、新着レコードを出すことも面倒なのですがw、一つの楽しみなのです。


        幻年時代

        新品価格
        ¥1,365から
        (2013/7/24 10:28時点)


        | 芸術 | 10:27 | comments(0) | - |
        いのちの電話
        0
          皆さんは日本政府が『いのちの電話』という自殺者を減らす目的で行っている機関があるのをご存知でしょうか?
          その名称『いのちの電話』をどうやら日本政府は商標登録しているようです。


          そして日本政府が『いのちの電話』を発足する以前から、個人の出費で『いのちの電話』を始めていた芸術家、坂口恭平氏の元に弁護士を通し、『熊本いのちの電話』に対して謝罪の文書を要求しているようです。
          発端は朝日新聞のようで、法的手段を取るようであれば朝日新聞が責任を取るみたいです。


          僕は新政府国民(www)ですから、直接twitterで情報を得ているわけですが、坂口恭平氏の行動を日本政府が無視できなくなってきているという事態に何か違和感を感じつつ、まぁそうなるのだろうかなぁと感じつつ、やはり心配であります。『いのちの電話』を他の名称にすれば問題は解決するようですが。。


          今年1月始め頃に2012年度の年間自殺者数が15年ぶりに3万人を下回ったといったNEWSは記憶に新しいのですが、坂口恭平氏のこの行動が国家にとってはそれが何か問題だったということなのでしょうか。


          どうかその杭、もっと出して打たれないような世の中にレイヤー思考で変革して欲しいと願っています。

          | 芸術 | 20:34 | comments(0) | - |
          新政府内閣総理大臣
          0

            坂口恭平氏


            皆様は彼をご存知でしょうか?

            3.11以降、地元でもある熊本に移住し、そこで新政府内閣を作る。
            『モバイルハウスのつくりかた』というドキュメント映画も只今上映中。
            『独立国家のつくりかた』という最新作の本も出し、最近ではDOMMUNEにラジオやTVにも出演している。
            そして来月にはギター弾き語りのソロアルバムを出すというので、僕は5年ぶりくらいにその発売記念ライヴを代官山のとある書店に見に行ってきました。


            5年前に下北CCCで見た彼の弾き語りは本当に衝撃的だったので、過去のこのブログにも自分で書いていました。


            ご本人曰く「全然素人なんですけど、こんなに集まってもらっていいんすか?WWW」
            とほとんどノリでやっているみたいですが、5年ぶりに見た昨日のライヴは多くの人が集まり、歌が終わってもみんな帰ろうとせず、とにかく本当に素晴らしかった。


            たしか新政府の法律はただ一つで、
            『困っている人がいたら助けてあげる』

            一見すると、ノリっぽくはあるが、彼は本当に実行していて、新政府のできる範囲で困っている福島エリアの人々に住む場所を提供している。
            『命の電話』に関しては生放送中に自分の携帯番号を言うくらいだ。こんなクレイジーな日本人を僕は他に知りません。
            音楽を愛する、アートを愛する、素晴らしい人だと思います。

            いや〜、今後も目が離せません。

            坂口恭平ニューアルバム - Practice for a Revolution ()

            坂口 恭平
            詳細を見る


            | 芸術 | 11:58 | comments(0) | - |
            同想会
            0

              同想会 戸田真樹 個展

              2008/7.15(tue)-22(tue)

              [free party:7.20(sun) 13:00~]

              出演:降神/KOR-1/mongoika/浮舌大輔/ドラムの人


              銀座煉瓦画廊にて戸田くんの個展があります。降神のアルバムアートワークでは強烈なインパクトを、そしてa.k.a. T.CONTSUとしては主にDJやトラック制作を、その他に次元,MONGOIKA...都内を中心に活動している、たくさん呼び名があるアーティスト。
              マジカルレコーズでもMIX CDを取扱っています。

              20日は上記面々によるセッションも楽しめるので是非!


              | 芸術 | 21:19 | comments(4) | - |
              | 1/2PAGES | >>